初めてのゴルフは181でした。

もう、38年前です。新入社員の分際で、生意気にも所属していた部のゴルフコンペに参加表明いたしました。
で、コンペ開催日は決算賞与支給日の翌日。時期としては、ちょうど今ぐらいの時期でしたね。

オイラ、ゴルフクラブを買う金がなく、従って事前に練習するという事も出来ず。。。
アパートの部屋で、一人素振りのイメージトレーニングを繰り返していました。(ウソ)


待ちに待ったボーナス支給日。
当時は現金支給か銀行振込かが選択出来たんですね。オイラはその日中にゴルフクラブを買わないといけなかったので、もちろん現金支給を選択。仕事を終えるともらったばかりの現金を握りしめて会社を飛び出し、ゴルフショップに向かいました。一番安いタイプのハーフセット、パター、キャディバッグ、シューズ、手袋、ロストボール20コ、、、その他もろもろを買い、自宅アパートに戻ったのが夜おそく。

ビニール袋からクラブを取り出し、畳の上でパッティング練習。
畳の目は、ホントに微妙で繊細で、まさにマスターズの開催地のような「鏡のグリーン」状態でしたよ。(ウソ)
画像




翌早朝、待ち合わせの駅で先輩の車に乗せてもらい、高速を飛ばして兵庫県のゴルフ場密集地の中の1つに到着しました。とにかく何から何まで初めての事だらけ。先輩の後に「金魚のフン」のようについて行ってカウンターでチェックインし、ロッカーで着替え、クラブを2〜3本もって練習グリーンに行き、芝の上で初めてボールを打つ感触を味わいましたよ。

結果は、もう散々なものでしたね。前半のハーフが101。後半が80。あわせて181。このスコアも、たぶん間違ってるでしょう。途中で打数がわからなくなってましたから。20コ入りの袋で買ったロストボールも、大半を再びロストとしてゴルフ場に戻させていただきましたよ。


それでも、マグレ中のマグレがありました。
打ち下ろしのショートホール、空振りしたりヘッドアップでトップしたりばかりだったので、大きめのクラブで軽く振ろうと試みたのが思いのほかウマく当たり、グリーンオン。約2mの距離のバーディショットは緊張のあまり、マジで手が固まりましたが、なんとか打つ事ができ、ヨレヨレのバーディ。

いや〜、初めてコースに出た日にバーディ達成ですよ。痺れましたよ。



今年のマスターズ、スゴかったですね。大逆転でのタイガー・ウッズの14年ぶりの優勝。

浮気スキャンダルとか薬物疑惑とか数度に渡る腰の手術とか、もう終わりだと思ってましたからね。それが、メジャー大会の中でも一番注目を集めるマスターズで劇的な優勝。

最後のパットは、オイラの初バーディと同じ位にしびれたんでしょうね。


そういう意味では、オイラとタイガー・ウッズは同志ですね。
知らんけど。。。


そういう意味って、どういう意味やねん。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック