トルツメ_since_2004

アクセスカウンタ

zoom RSS 7月30日は「8耐」記念大会

<<   作成日時 : 2017/07/12 17:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の「鈴鹿8時間耐久ロードレース」は
7月30日に決勝が行われます。

今年は、40回記念大会。
オイラも昔からこの日は鈴鹿に通い詰めていました。

このブログでも、8耐の話題は何度となく書いていまして、
だいたいこの時期になると、「8耐」「鈴鹿」などの
検索ワードでこのブログを訪れる方が増えてくるんですね。



オイラは1984年の第7回大会から、地震があった2011年まで、
途中の東京転勤時代をのぞいてずっとこの“7月最終日曜日”は
鈴鹿に行ってました。

暦的にも「大暑」という1年で一番暑い時期。
マジで酷暑、激暑、ゲロ暑でした。




一番印象に残っているのは、やはり最初に行った1984年大会。

レースが終わった夜7時半、
大観衆がグランドスタンド前に集まり大騒ぎ。

やがて誰ともなくスタンド前の5m程の高さの金網フェンスをよじ上り
コース上に下りていくんですね。
オイラも同じように金網フェンスを越えてコース上に下りたもんです。
今ではセキュリティ上、そんな事は絶対に出来ないようになってるし、
第一、体力的にそんな高さのフェンスを上れないですから。

鈴鹿を出たのが夜11時あたり。
それから1号線を走り、オーサカに辿り着いたのが未明の3時。
途中の山越えの深夜食道で食べた、ざるそばと玉子丼は格別でした。




そして、翌年の1985年第8回大会も印象深い大会でした。

この年は、ロードレース界の“キング”こと、ケニー・ロバーツと
日本のロードレース界の王者・平忠彦がペアを組んで
しかもモータースポーツとは関係ない「資生堂」が冠スポンサーとなり、
華々しく登場した年。ダントツの優勝候補。
男性化粧品「テック21」をレースシーンと絡めて、
バンバンとCMを流してましたっけ。

当時は日本国内は、空前の二輪ブーム。
その影響もあり、この年の鈴鹿には過去最多の156,000人(公式発表)が
集まりました。

もう、人・人・人で身動きが取れないんですよね。
スタンド席、斜面の芝生席、通路、、、人でぎっしりでした。

レース内容自体も、ドラマチックで伝説となりました。

ケニー&平組は、前評判通り予選1位。
決勝レースはポールポジションからのスタートでしたが
なんとスタートに失敗し、最下位に近い順位からのスタート。

それでも、怒濤の追い上げで先行バイクを抜いていき、
レース開始2時間後にはトップに立つんですね。

その後もずっとトップを譲らず、みんなが優勝を確信した、
レース終了30分前の午後7時、マシントラブルによりレース中止。

どさくさにまぎれて、グランドスタンドで見ていたオイラの目の前で
マシンは停止。。。

いや〜、ショックでしたよね。



オイラ、ミーハーのなんちゃってファンでしたから、
資生堂「テック21」のヘアムース買ったんですよね。
ステッカーももらってバイクに貼付けたんですよね。



脳梗塞を発症した後となっては、
あんな酷暑の過酷な場所には、もう行けないですけどね。

水分蒸発して、血がドロドロになって、すぐに詰まりますから。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7月30日は「8耐」記念大会 トルツメ_since_2004/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる